近隣の協力者(地域の人たちで構成される安否確認グループ)が社会福祉協議会と協働して地域全体で支え合いを行い、安心して暮らせる地域福祉づくりを目的としています。

対象者
単身世帯でケーブルテレビに加入し、以下に該当する方。
(1)満80歳以上の方                (設置費 無料)
(2)重度心身障がい者の方            (設置費 無料)
(3)満70歳以上で、心身に不安を抱える方  (設置費 自己負担)


福祉機器貸出事業は、学校・企業やさまざまな団体や個人の皆さまのご寄付により頂いた福祉機器を社会福祉協議会が管理を行い、市民の皆さまに無料で貸出しを行っている事業です。
福祉機器貸出対象となる方は、介護保険制度による福祉用具貸与サービスが利用できない方に貸出しています。
福祉機器の種類
・電動ベッド
・車いす

日常生活自立支援事業とは、認知症高齢者・知的障がい者・精神障がい者など判断能力が十分でない方が安心して生活が送れるように、定期的に訪問し、福祉サービスの利用や暮らしに必要なお金の出し入れのお手伝いをします。
書類等預かりサービスでは、通帳や銀行印・保険証書等大切な書類などをお預かりします。
利用料金は下記のとおりです。
援助内容 利用料金
契約後の生活支援員による援助 1,330円(1回あたり)
書類等預かりサービス 500円(1ヵ月)
※生活保護を受けている方は、利用料無料。
※市町村民税非課税の方は、1回あたりの利用料の3分の1が公費助成されるため、890円。
※金融機関の貸金庫、保護預かり、振込手数料など各種手続きに要する費用は、ご本人の負担となります。

介護二次予防事業とは、要支援・要介護状態になる可能性の高い二次予防対象者に対して口腔機能向上教室を開催し、要介護状態になることを予防することを目的としています。
通所型口腔機能向上教室を開催し、歯科衛生士による正しい歯みがき・入れ歯の手入れ・食べること・唾液の働き等を講話します。
訪問型口腔機能向上教室は、閉じこもり・うつ・認知症のおそれがある等で通所型口腔機能向上教室に参加できない方に対して、歯科衛生士が対象者宅を訪問して実技や講話を行います。

サロンとは、ひとり暮らしや家の中に閉じこもりな高齢者等が、自宅から歩いて行ける場所に気軽に集まり、ふれあいを通じて生きがいづくり、仲間づくりの輪を広げる事、また、地域の介護予防の拠点として機能する活動ことを目的とします。市内には様々な楽しいサロンがありますので、是非参加しませんか?

生活福祉資金貸付制度は、低所得者世帯などに対して、低利または無利子での貸し付けと必要な援助指導を行うことにより、経済的自立や生活意欲の助長促進、在宅福祉や社会参加を図り、その世帯の安定した生活を確保することを目的としています。
申込みについては、まずお住まいの民生委員にご相談ください。市社会福祉協議会を経由して大分県社会福祉協議会において貸付けの決定を行います。

皆さんの生活上の悩みごと、生計、家庭、財産、健康等の問題などの相談を受け付けています。相談は、無料ですのでお気軽にご相談ください。相談所には、2名の相談員がいます。相談内容等の秘密やプライバシーは、厳守されます。

相談所の時間帯は、午前9時〜正午までです。

開催地区 開催曜日 開催場所
真玉地区 第2水曜日 市役所真玉庁舎 機能訓練室
高田地区 第3火曜日 福祉事務所プラチナ支所内
香々地地区 第4水曜日 香々地公民館 和室

地区社会福祉協議会とは、住民参加による地域福祉活動を通じて、地域のふれあいを高めるとともに、住民ひとりひとりの福祉課題を地域の福祉課題としてとらえ、その解決に向けた取組みを住民自らが行うことにより、誰もが安心して暮らすことが出来る福祉の地域づくりを、地域住民自らが自主的に実践するために結成されている組織です。
 地区社協の活動は、それぞれの地域特性により異なりますが、概ね次の目的に分類することができます。
 ○ 福祉もしくは健康に係る啓発事業又はそれらを推進する事業
 ○ 住民相互の支え合いを高めるための事業
 ○ 地域の実態や福祉問題の把握を図るための事業

 その他にもいろいろな活動がありますが、地区社協ではそれぞれの地域が工夫を凝らしながら、地域づくりを進めていきます。
 地域づくりに関心のある方や地域活動に生かせる趣味・特技をお持ちの方等、どなたでも気軽に参加していただき是非地区社協とともに地域づくりに取り組んでみませんか。

共同募金は「赤い羽根共同募金」の愛称で知られ、地域社会の福祉向上に必要な資金を集めるため、共同募金運動として全国強調して展開されています。
 運動期間は、毎年10月1日から12月31日までとなっており、12月については「歳末たすけ合い募金」も共同募金の一環として行っています。

◆ 赤い羽根共同募金
皆さんからお寄せいただいた募金は、大分県共同募金会を通じて、県内の福祉施設等の団体に配分されています。
今後は、市民に開かれた共同募金会にしていくため、市会から募金委員会に移行する予定です。

◆ 大分グルメ散歩募金
寄付金付き清涼飲料水自動販売金の設置募金、県産品の販売を斡旋し、売上金の一部を協賛企業から共同募金に寄付していただくものです。又、飲料メーカーからも一部募金会に寄付していただいています。

◆ 歳末たすけあい募金
歳末たすけあい運動は、民生委員児童委員等の協力のもと、新たな年を迎える時期に安心して暮らすことができるよう、市内で支援を必要とする人たち等に配分されています。